娘とお金の使い方について議論を展開

最近娘と買い物に出かけました。

誕生日プレゼントは「現金でお願いします」とキャッシュな娘。

それも仕方が無いか、洋服だって自分の好みがあるし、好きな物を買いたいであろう。

友達付き合いもあるしな、と納得している。

だから、せっかくまとまったお金があるから、ちょっと良い物でも買ったらと思うのだが、ここで娘とお金の使い方の上での議論になった。

私はお金のある時くらい少し値段の張る物を購入したい派、量より質派だ。

でも彼女はまとまったお金を少しずつ切り崩していきながら、安い物を増やしていきたいらしい。

少しでも高いとお金がなくなるからお金がもったいない。

質より量派だ。

安くて気に入った物がたくさん買えたという事で、家に帰って今日の戦利品を並べて楽しみたいらしい。

確かに私は普段から節約した生活を心がけている。

もったいないという言葉もよく使う。

でもお金に余裕のある時は思い切り良く使う方だ。

今でも生活の為に切り詰めてしまう事はあるが、普段の生活は質素でも遊びに行くときは豪快にしたいタイプ。

でも彼女はどうもすべてにおいてお金をたくさん使うとなくなるから怖いらしい。

だからちょっとずつ使う。

ここまで「もったいない病」にさせた積もりはなかったけど、ちょっと倹約を押しつけすぎたかなと反省している。

値段が張る物は、商品でも料理でも手間が掛かっているから高いのだ。

良さがあるのだ。

そういう良さも教えていかなければ素敵なレディになれないなと反省した一日でした。